toukiutu

冬に多い「冬季うつ病」に注意!

冬季うつ病(季節性うつ病)とは?

季節とともに出たり消えたりするうつ病の一種で通常は秋の終わりまたは冬の初めに発症し、春と夏の間に消失します。季節性情動障害(Seasonal Affective DisorderSAD)と呼ばれることもあります。

 

心当たりがある方は要注意!

最近「食欲が増した」「過眠」「日中でも眠い」といった症状はありませんか?

 このような症状がある方は「冬季うつ病(季節性うつ病)」の疑いがあるようです…

冬季うつ病は一般的なうつ病の「食欲がない」「不眠」といった症状とは真逆の症状が表れます。

そこで私たちが出来る予防法は…

やはり「太陽の光(紫外線)を浴びる」ことが大切です

冬季うつ病の患者さんの中には、日照時間の長い温暖地域に旅行したことで、症状が回復した人もいたようです。

さすがに旅行までは・・・という方は

「季節」「昼夜」「天気」などに左右されずに、安全な光を浴びられる日焼けサロンで冬季うつ病を予防して、心も体も健康に寒い冬を乗り切りましょう!

 

引用:厚生労働省eJIM「季節性情動障害に対する補完療法について知っておくべき6つのこと」https://www.ejim.ncgg.go.jp/pro/communication/c03/48.html

SCROLL DOWN Vitamin D Essential to us. スマートフォンでアクセスする