SOLE FRIENDS vol.9

岩成隆邦
岩成隆邦
〈プロフィール〉

1985年福岡県生まれ。福岡大学スポーツ科学部卒、同大学院卒。 大手フィットネスクラブ全国売上No.1トレーナー。天性の明るさ、多彩なコミュニケーション能力、そして圧倒的な結果の出るプログラムで、昨今は女性のお客様から多くの支持を得ている。また国内外問わず、多くのコンテスト出場選手のカラダ作りもサポート。お客様から「なりさん」と呼ばれる親しみやすさも魅力。多忙なトレーナー業の傍ら、BLEA学園グループでボディメイク講師もこなし、その他雑誌やメディアなどでも企画・記事監修を数多く手がける。その他にも、2015年フィットネス男子カレンダーモデル出演、コンテスト出場、イベント出演、雑誌掲載、TV出演など活躍の場を広げている。

あなたにとって日焼けとは、どんな関係?

中学校から大学院在学中まで陸上競技をずっとしていたこともあり、日焼けは自分の中ではごく当たり前のことでした。特に陸上競技は暖かい時期が試合シーズンなので、練習などで日焼けが進むと「よしやるぞ!」という気持ちになります。

社会人になり、パーソナルトレーナーとして活動する一方、筋肉美を競うコンテストにも出場し、筋トレがさらに本格化していきました。ここでも身体を作り上げていくと、大会でのステージ上でより良い状態に魅せる為に日焼けサロンに通うようになります。身体が仕上がり、研ぎ澄まされていくことと並行して、日焼けもしっかり行います。思えば、自分の人生のほとんどに日焼けが関わっていたと思います。


 

初めての日焼けのエピソードを教えて下さい

日焼けサロンというと、自分の中ではいわゆる「ギャル男」と呼ばれる人が行くような、少し怖いイメージを昔は持っていました。初めてコンテストに出場することが決まり、いよいよ身体を焼かないといけないという状況で、勇気を出してサロンに行きました。エレベーターが開き、恐る恐るお店に入ったことを覚えています。ですが、この時の店員さんがすごく親切で丁寧に教えてくださり、その恐さもすぐになくなりました。元々日に焼けやすく、腫れも少なく綺麗に焼けるタイプだったので、初めてのサロンでの日焼けは心地よかったですね。



職業柄と日焼けについてお聞かせください

身体を日頃から鍛え上げて、時にはモデルにコンテストにと、身体を披露する場が多いです。その時に肌が白いと筋肉の「カット」がぼやけてしまいます。そうなると、せっかく鍛えた身体が台無しです。黒く焼かれた肌は、筋肉のしっかりとした陰影を作り出し、より引き締まったかっこいい身体を表現することができるのです。この状態を維持するためにも、日焼けは本当に欠かせません。

 

日焼けをして良かった点をお聞かせください

日焼けをすることにより、筋肉を際立たせることはもちろんですが、服を着ていても「夏を楽しんでいる」「明るく爽やか」というようなプラスの印象を持たれることが多いです。社会人になってもしっかり日焼けをすることにより「お!この人は何かやっているな」という興味を惹きつけるようです。そこから趣味やトレーニング、コンテストの話題に繋がり、時には仕事に結び付くこともあります。日焼けは本当に自分にとってなくてはならない存在なのです。

 

これからの日焼けの付き合い方は?

コンテストのために日焼けをしていくことはもちろんですが、日々の自分磨きの為にも、年間を通して定期的に通いたいと思っています。もちろん、30代ということもあり、保湿を忘れずに健康な黒肌でいたいですね!日焼けの素晴らしさを周りにも伝えていけるような存在になりたいです。

Bro.KONE ダブルダッチ 柴田あずさ TAISUKE NORI 佐藤博樹 金子賢 シェレン イースン ARATA 岩成隆邦 佐野真依子 北岡伸太郎 Aichi aka FRG 角田麻央 中川貴仁 福間光佑